今度は粋かよクールジャパン。自分で言ったら野暮になる。

 もうずいぶん前のことになる、娘が保育園に通っていた頃の事。毎朝、保育園に娘を送って行くのは、私の役目だった。朝に子供達を待っている保育士さんは、一週ごとに替わるのだけれども、その中のAさんのお迎えの言葉は、「○◯ちゃん、おはよう、今日もがんばろうね。」我が娘だけでなく、すべてのの子供達に。Aさんのいる一週間おなじ言葉をかけてくれる。数週たって、またAさんがお出迎えの当番になると、お迎えの言葉は、「○◯ちゃん、おはよう、今日もがんばろうね。」

 その保育園は、零歳児から受け入れていたので、親離れしていない子の中には、親と離れたくなくてグズる子もいる。Aさんの「○◯ちゃん、おはよう、今日もがんばろうね。」の中には、「おかあさんがお迎えで来るまで、さみしいけど、お友達と一緒に元気で遊んで待っていようね。」そんな感じが、含まれていたので、当時そんなに嫌な感じはしなかった。ただ、「毎日、がんばろうね。だと「がんばろう」のありがたみがなくなるよなアー。」そんな感じで受け取っていた。

 

 ご存知のように、2011年3月11日以来、「がんばろう東北」「絆」。繰り返し、繰り返し使われてる。・・・繰り返し言われても、そんなに頑張り続けられないんじゃないの。

 そして、ご存知のように、20117年7月のロンドンオリンピックがあって、メダリストとなった選手のコメント「応援していただいた方々に勇気を受け取っていただければ、がんばった甲斐があります。」・・・勇気を感じるかどうかは、差し出すあなたが決める事じゃないよ。

 

 少なからず、へそ曲がりな、私であるけれど、違和感を覚えていたら、極めつけが現れた。

 

 政府は来年度予算案に、クール・ジャパン推進のための基金創設として500億円を計上し、クールジャパン推進会議を設置することにしたとのこと。さっぱりして、あかぬけた日本人を表す言葉「粋(いき)」を前面に出したシンボルマークを作り、記念コインを発行するらしい。アニメやファッションなど日本の得意分野で海外ビジネスを拡大させることを狙ってのことらしい。

 

 でもチョッと待って。「クール・ジャパン」って、カッコいいニッポン、さわやかで、あかぬけたニッポンということで。さっぱりして、あかぬけた日本人を表す言葉「粋(いき)」を前面に出すことって、当の本人である日本が言うと「俺ってクールだろ。」「俺って粋だろ。」って言う事なわけで、芸人のキメ台詞。ギャグじゃないの。大体にしてが、自分で自分を「粋だろ。」って「俺って野暮だろ。」って言ってるのと同じことじゃないの。

 そんなことのために、500億円使うって、いよいよ「侘び」「寂び」「粋」は、日本のメインストリームからは、なくなってしまったようだ。